食器棚

ビル

一人暮らし用の食器棚について

一人暮らしで自炊をしている人では、食器の数も少ないでしょうから、食器棚は、特に必要を感じないこともありますが、あると便利です。
本棚などの普通の棚で代用することもできますが、ほこりをかぶったりしますので、食器専用の棚の方が使い勝手は良いです。
一人暮らしの場合には、住んでいる部屋が、特に都会では狭いことが多いのではないでしょうか。
そうしますと、キッチンも狭く食器棚を置くスペースによって、サイズも決まってきます。
そして、レンジや炊飯器などがありますと、その置き場所も考えなければなりません。
こんな時には、レンジや炊飯器を置く場所が付いている食器棚にしますと、とても使いやすくなります。
一人暮らしですと、食器類は、お客さんが訪ねてきたことを考えても、数は少なくても良いでしょう。
茶碗類が4個位、丼が2、4個、お皿が大小4から6個、グラスとカップで4から6個、後は箸やスプーン、フォークなど2から4組みあれば十分でしょう。
これらが収まる棚を使って、(食費も節約できる)自炊生活を楽しみましょう。

関連情報一覧

日曜大工で食器棚を作る

一人暮らし用の食器棚について

食器棚で生活を楽しむこと

組み立て式の食器棚でのハプニング